ボランティアに関する考え方。


先日よりHPのタブの一覧に「ボランティア募集」という欄を設けております。

(気づいてたよ、って言うそこのあなたはもうすでにプロジェクトの一員です。笑)

 

僕は以前、このボランティアとして人を集めるというのがあまり好きではありませんでした。対価を支払わないのは何か搾取しているみたいだし、どうも上から目線な気がしていたからです。だから今までは特に改装現場でボランティア募集とかはしていませんでした。それでもSNSとかを見て連絡してくれる人はいたので、そういう人は受け入れていたのですが、、

 

先日、とあるボランティアの方にこの話をしたら、こんなことを言われました。

「搾取されているかどうかは、作業している人が決めることじゃないですか?僕は自分の経験のために来ているし、搾取されているなんて思っていませんよ。そんな風に思うのは逆に失礼じゃないですか??」

 

すごくハッとさせられました。そりゃそうやろ、と一蹴されるかもしれませんが、僕にとってはとても貴重な意見でした。そうですよね、ボランティアしたいという人もタダ働きすることと、自分の経験になることを天秤にかけて、経験をとったから参加するわけなので。そりゃ「俺の好きにさせろや」って話ですね。笑

もう一つ付け加えるなら、先輩経営者でこんな事を言う人がいました。

「ビジョンがない人は、ビジョンがある人の近くにいることで何かに気づくことがあるし、一緒に何かやることが喜びになったりもする。だから俺の様にビジョンのある者はどんどんない人を集めるべきだ。」

 

僕はさすがにここまでの自信はないのですが、見習うべきかもですね。


The following two tabs change content below.

mitsu

空き家再生人。京都や神戸での空き家再生の経験を活かし、南丹市でも活動中。2021年9月までに10軒所有が目標。(2019年12月現在は4軒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です