個人で仕事していて本当に良かったと思う瞬間


突然ですが、皆さん仕事楽しいですか??

僕はよくサラリーマンの友人に

「お前は自由に好き放題やってて良いよな〜」

と言われます。

 

が9割はしんどいです。

(言い過ぎました、まあ8割位にしときましょう)

 

1人で黙々と進める改装も

毎月お金ちゃんと払ってくれるかとヒヤヒヤする支払い確認も

まあまましんどいっす。

 

じゃあなんでこんな働き方しているのかと言うと

何でも自分で決めて自由に生きることが出来る

っていうのももちろんありますが、

それ以上に

たまにあるアノ瞬間がたまらんからです。

 

「誰かの人生の

何かのきっかけになること」

 

です。

 

先日FBに山科のシェアハウスを一般賃貸に出すという投稿をしました。

するとその家ではないのですが

僕が自営業として最初に借りた家でやった

フランス語教室に来てくださった方が

コメントを残してくれました。

 

ざっくり要約すると

あのフランス語教室きっかけで

フランス語を勉強しだし

仏検3級に合格しました。

 

という報告でした。

 

これホント嬉しかったです。

5年前に1度参加しただけです。

その後は何もやり取りしていません。

それでもあの1回のフランス語教室が

その方にとっては大きな意味があった

そしてそれを5年越しに伝えてくれた。

 

いま風に言うところの

最高にエモい瞬間でした。

(使い方あってますかね。。)

 

他にもボランティアガイドがきっかけで

プロの通訳案内士になりました

とか

インドネシア人をガイドした後

逆にインドネシアに遊びに行きました。

なんて言われる度に

 

「ああ、僕のやってることは

自分が楽しいだけじゃなく

誰かの何かの役に立っているんやな。」

 

と思え、自信になります。

 

でもこれってほんの一握りです。

100回やって、1回あるかないかぐらい。

でもそのほんの一握りの1回が欲しくて

個人で仕事しているんだと思います。

 

まだまだ空き家再生ではそんな瞬間はないけど

ずっと続けていれば

こういう嬉しい瞬間があるはず!

っと次も良いことがあることを期待しながら

今日も現場に行ってきます〜。


The following two tabs change content below.

mitsu

空き家再生人。京都や神戸での空き家再生の経験を活かし、南丹市でも活動中。2021年9月までに10軒所有が目標。(2019年12月現在は4軒)

最新記事 by mitsu (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です