古道具屋はじめます。


昔から古いものを再利用することが好きでした。小学校に上がる時は父の使っていた机を学習机にし、中学では兄の学ランをお下がりで着ていました。新しいものを買うのではなく、古いものを大切に扱い、次の人に引き継ぐことが昔から当たり前でした。

 

一方、空き家を再生していく中で、どうしても多くのものを処分せざるを得ない状況に頭を悩まされていました。

 

そこで空き家再生時にでた「ただ捨てられていくもの」を必要な人に引き継ぐ仕組みを作れば、物の処分に困っている人も助かるし、古いものが好きな人は嬉しいし、双方にとってよいことだなと思い、まずは自宅の敷地内にある小屋で古道具屋さんを小さく始めることにしました。

空き家を再生し、その物件には人が住み、家の中のものはまた他の必要としている人に引き継ぐ、そんな良い循環を作っていければいいなと思っています。

僕のメインの仕事は空き家再生ですが、それ以外でも何かできないかなとずっと考えていました。古道具屋さんというのはすごく小さな仕事ですが、そんな小さな一歩をたくさん踏み出すことで自身の生業を少しずつ増やしていき、その過程で少しずつでも地域や街に貢献していきたいと考えています。

※古道具お譲り下さい。

使わなくなった古道具を探しております。あなたにとって不要なものでも他の人にとっては必要なものになることがあります。ぜひ不要になった古道具をお譲り下さい。(小屋のスペースが限られている関係で大型の家具などは引き取れない可能性があります。あくまでも「引き取り」がメインのため高額な買い取りとはならない事が多いので予めご了承下さい。

引き取り可能エリア : 南丹市、能勢町、京丹波町、丹波篠山市、亀岡市、京都市(一部地域を除く) ※南丹市園部町より1時間程度の範囲

お問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。


The following two tabs change content below.

mitsu

空き家再生人。京都や神戸での空き家再生の経験を活かし、南丹市でも活動中。2021年9月までに10軒所有が目標。(21年5月現在は7軒)

最新記事 by mitsu (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です