古民家改修には一体いくら必要なのか?? 京都編


今回は、京都山科の物件にかかった改装費用を公開します。

これから頑張ってDIY改装しようとしている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

改修費用に関しては下記ブログもご参照下さい!

古民家改修には一体いくら必要なのか?? 神戸編

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

◯工賃

50万円

2016年当時は全くの素人で自分の家しか改装経験のなかった相棒を約3ヶ月拘束し、一緒に改装してもらいました。

完全にブラック企業でしたね。笑

(もちろんその間も別の仕事もしていましたが)

 

◯ガス工事

10万円

お風呂用のガス給湯器です。シャワーのみなので一番安いやつ。知人に安くで工事してもらいました。

 

◯電気工事

8万円

分電盤の交換、エアコン取り付け×3 の工事をお願いしました。

これも格安。

 

◯左官

11万円

2階の和室2間(4.5畳と6畳)

これは安いのか高いのようわからんっす。

自分でも材料買えばできますが、工期の問題があり、プロにお願いしました。

 

◯畳

10万円

2階の和室二間(6畳と4畳半)の

 

・畳表替え

・襖張替 × 4

・とびら設置 ×2

・古い畳の処分費

 

です。

 

◯エアコン

19万円

9畳用(7万円)×2、6畳用(5万円)

 

※2階の6畳に9畳用を設置。これは安い業者を紹介してくれた人が7万のエアコンの在庫をたくさん抱えており、ゴリ押しで勧められたので。ある程度の付き合いは必要かと。

 

◯材料費

80万円

スワレット(トイレを和式から洋式に換えるヤツ)と庭にウッドデッキを作った時の木材(2×12の木材 × 10本)が高かった。

 

◯その他

12万円

食事代など

 

合計 約200万円

 

総括:

・一発目だったので勝手が分からず、とにかく色んなものを買いまくったので多少無駄なものは出た。

・材料費は普通の一軒家なら、高級なものを使わない限り100万円を超えることはない。

・電気・ガス・畳屋など外注が必須な分野は、良い業者さんとの繋がりを大切にすべし。

・最難関の雨漏り。瓦が1枚割れているだけのケースだったので、その瓦の補修だけで済み費用が安くなった。

 


The following two tabs change content below.

mitsu

空き家再生人。京都や神戸での空き家再生の経験を活かし、南丹市でも活動中。2021年9月までに10軒所有が目標。(2019年12月現在は4軒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です