3年間の協力隊が終わって


まず思うのは本当にありがたい環境でした。南丹市はフリーミッション型だったので元々やっていた空き家再生(不動産投資)をヨコ展開していくというほぼ自分の仕事の延長線上の活動をしていました。早速宣伝ですが毎年5、6月くらいに募集をしており、個人的にはすごくおすすめの地域です。ちなみに1年目が終わった時はこんなことを思っていたみたいです。

 

良かった点

・自分のやりたいことができる

これに尽きます。自由な環境でした。もちろん多少の制限はありましたが、概ね好き勝手に活動させてもらえました。空き家をキレイにし、移住者を増やすこと。町の発展には無くてはならないものであり、活動内容にはぴったりだったと思います。もちろん携われた件数には満足していませんが、、

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

悪かった点:役所の人なの?自営業者なの??

これはどこの地域でも同じことで南丹市がという訳ではありません。公益性は求められつつ、お金も稼がなければ3年後生活できない。でも活動中は給料もらうのでお金を稼ぐのは微妙。。「役所の人でしょ?町のために奉仕するんでしょ?」と言われ無償で色々とお願いされます。たしかにボランティアで色んな人と繋がったりするメリットはありますが、そればっかりだと3年後どうやって生活すんの?となります。その矛盾に対する葛藤や迷いはめちゃくちゃありました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

出来たこと:実績

自宅を購入しました!元々は賃貸物件に住んでいたのですが、、正直なかなか快適とは言えない環境でした。でもだからこそ自分で家を買うという決断ができたので結果的にはよかったと思っています。ピンチはチャンスというヤツですね♪第一の目標である「定住」はできたかなと思います。

こんな感じの家で

田舎の家なのでクソ広いです。ほぼ1部屋しか使っていません。笑

自宅をきちんと構える、というのは非常にメンタルが落ち着きます。最悪あとは食費さえ稼げば死にはしないなーっという心の安定剤になっています。内装ももちろん自分で改装したので思い入れがあります。衣食住のうち、衣には興味ないので後は食を充実させるのみ!笑

 

他にも1件空き家を購入し、再生し、貸しています。また園部駅前の物件も改修し、サブリースする予定です。なにせすべて自己資金のみで運営しているためペースとしてはかなり遅いですが、ゆっくりと増えているという実感はあります。実はもう1軒めちゃくちゃ欲しい空き家があったのですが、大人の事情で購入できず、、、

 

シェアハウス(現在は休止中)に入居してくれていた人が空き家再生に興味を持ち、なんと園部町に物件を購入しました。空き家再生人の爆誕です。自分の影響で何かを始める人が出てきてくれてすごく嬉しかったです。

 

収益にはなっていませんが、日吉町胡麻にある物件の再生にも携わり、現在は畑をやりたいという方が移住しています。移住者を増やすという意味では成果の1つです。

 

他にも移住相談を受けるも紹介できる空き家がない、、という状況がすごく多かったです。はい、それは何とかするのが僕の仕事です。全然できていません。。あゝ無情。。。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

出来なかったこと

自分の仕事(空き家再生)に集中し過ぎ、他のことに目を向けれませんでした。もう少し自発的にイベントの手伝いや運営の手伝いなどもした方が良かったかなと思います。3年後の生活のことを考え「無償で手伝ってくれるボランティアさん」になってしまうことを過度に恐れてしまいました。今後は一市民として色んな人や団体と関わっていければと思います。

空き家を探そうと町に出て近所の人に聞き込みしたり、オーナーさんと接触を図るまでは何回かいけたのですが、結局よい結果にはなりませんでした。それよりもSNSやHPで繋がることがありました。いわゆる「物上げ」はなかなかできませんでした。

「空き家再生やりたい」という建築学生にとある空き家を紹介したのですが、1年以上経って結局どうにもこうにもならない状況になりました。空き家再生はやることは単純ですが、何度も何度も同じことを繰り返し、膨大な時間がかかります。安易に勧めるべきではなかったなと反省しています。

またこれも同じく建築学生ですが、関東からわざわざこちらに来て空き家再生を学びたいという申し出もありました。これは残念ながらコロナの影響で実現しませんでした。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

とまあ思い出せたことをつらつらと書いていきましたが、本当に好き勝手に3年間やらせて頂きありがたかったです。空き家の再生というのは移住者を増やす上で最重要課題です。いくつかの空き家を購入したり再生したりはできたので(数が少なかったですが)その点に関しては評価してもよいかと思っています。

 

今後について

京都南丹神戸にある物件の管理をしつつ、その辺りのエリアでまた空き家再生をやっていければと考えています。空き家の情報絶賛募集中です!!

月並みですが3年間ホントにあっという間でした。冒頭でも本文でも書きましたが、本当にありがたい環境でお仕事させて頂けました。今後も南丹市を中心に活動していきますので、少しづつですが恩返ししていければと思います。市役所の皆さん、協力隊の皆さん、関わってくださった空き家オーナーの皆さん、活動中お世話になった地域の皆さん、すべての方に感謝申し上げます。ありがとうございました。


The following two tabs change content below.

mitsu

空き家再生人。京都や神戸での空き家再生の経験を活かし、南丹市でも活動中。2021年9月までに10軒所有が目標。(21年5月現在は7軒)

最新記事 by mitsu (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です